知っておきたい!ecサイトのメリット・デメリット

ECサイトのメリットとは!?

町中にあるリアルな小売店にとって、ECサイトの運営は大きく売り上げを伸ばせるかどうかの大切な手段の1つです。ECサイトはそもそも「electronic commerce site」の略称で、ネット上で商品を売るためのWebサイトを意味しています。店舗を構えた一般的なお店であれば、お客さんは近隣に住んでいる方々のみであるケースが多いです。しかし、ネット上で販売すれば、日本全国の人々に売ることが可能です。このような販路の著しい拡大が、ECショップの最大のメリットだと言えるかもしれません。その他、ECサイトには人が居なくても24時間365日開店できること、さらに少ない資金で始められるなどのメリットがあります。

考慮しておきたいECサイトのデメリットについて

メリットが豊富なECサイトですが、デメリットも少なくありません。まず第一に、競合他社が多いことです。リアルなお店であれば、ライバル店舗は同じ地域の同様な形態のお店のみでした。しかしECサイトは販路が拡大する分、ライバルが一気に増えます。遠く離れた市町村で運営しているECショップも、ライバルとなる可能性が出てくるのです。また、ECショップで成功するための大切な要素に、集客が挙げられます。狙ったキーワードで上位表示されれば爆発的な売り上げアップも期待できますが、これはメジャーな商品であればあるほど、至難の業だと言えるでしょう。このような販路拡大の時に役立つのが、ショッピングモール型のECサイトです。実際に出店することで、たくさんの人々の目に止まりやすくなります。