ecサイトはネットショップの一部なの?

商品やサービスを売買する場所がecサイト

ecサイトという言葉を聞いて、ネットショップと何が違うのか気になった方もいるでしょう。一般的には、インターネット上で商品やサービスを売買できる場所がecサイトと呼ばれています。ユーザーとの取引や、サイトの運営を行っているのがネットショップと言えるでしょう。同じような意味合いで使われていることも多いですが、イメージが伝われば特に問題はありません。たくさんネットショップが集まっているショッピングモールも、ecサイトに分類されます。ひとつのサイト上で、いろいろなお店の商品やサービスを購入できるのが特徴です。企業から一般消費者への取引はBtoCと呼ばれ、食品やアパレルなどジャンルも幅広くなっています。

ユーザーの視点から考えるネットショップ

ecサイトをネットショップの一部と見るのは、ユーザーの視点から考えてみると決して間違いとは言い切れません。ユーザーがネットで商品を探しているときに、検索結果からネットショップのページにそのままアクセスする場合も多いからです。フリーマーケット型のアプリなど、ユーザー同士で商品を売買できるecサイトも人気を集めています。ネットショップを持つ必要もなく、気軽に商品を販売できるのはユーザーにとっても便利なことです。ecサイトの市場は成長を続けており、今後もその勢いは加速していくのが予想されています。サイト構築のサポートも用意されているので、個人で新しくネットショップを始めるには絶好のチャンスでしょう。